ヘアースタイリストサロン オビツHP

2013年12月18日

次男坊の鼻のニキビを炭酸ジェルで撃滅できるか?前半戦 1日〜10日 まとめ

小学5年の次男坊の鼻にお年頃ニキビが増加。

若女将に「どうにかして」と業務命令され

は!!!

と、気が付き

ちょうどブログネタを探していたのと相まって

うちでも大好評の

高濃度炭酸ジェル ZEROベースメイクジェルを


次男坊のニキビ鼻に塗って実験してみようって始まった



「次男坊の鼻のニキビを炭酸ジェルで撃滅できるか?シリーズ」


30日を経過致しました。



一先ず、キリがいいところでまとめておきます。


その前に、これも読んでね↓

ニキビって何?

ニキビって何? 治療編




さて初日の次男坊の鼻の状態は?と言うと...。


iphone/image-20131116085021.png

まあ、見事なニキビ鼻でございます。

この時は入浴後、鼻に炭酸ジェルを塗って一晩付けっ放しにしてました。
本人曰く「昨日より出っ張りが小さくなった。」との事。
長期戦を目論んでいた自分は正直焦る(爆)

2日目
iphone/image-20131117084322.png

2日目の次男坊感想「いい感じ♪」
正にこれが炭酸ジェルの真骨頂。
「ボコボコが小さくなったよ。」
と前日に続き凸の変化に驚く。

3日目
iphone/image-20131118183141.png

「3日で治してやる!」
と意気込む次男坊。
まあ、治る訳もありませんけどね。

本人感想「だいぶ小さくなった。」とさらに凸が無くなった感じ。

長男にも炭酸ジェルを勧めたが拒否する長男。
既に治った気でいる次男坊は得意気。

その気持ちが落とし穴。

4日目
iphone/image-20131119162218.png

入浴後にほげっとテレビを見ていた次男坊。
炭酸ジェル付け忘れてました。
慌てて付けてましたがニキビが気にならなくなった証拠かな?

画像的にはばっちりニキビが確認できます。


5日目

iphone/image-20131120190156.png

次男坊初の炭酸ジェル付け忘れ。
見事な3日坊主。

6日目

iphone/image-20131121222430.png

ここに来て次男坊が入浴時、ただ水洗いで顔を洗っていた事が判明。
いわゆる顔だけ脱洗剤という高度な技を使っていた。

次男坊の好みで自分のクレンジング剤を使い
顔を洗う事になった。

次男坊感想「ちょっと大きくなったかな?」

7日目

iphone/image-20131122220611.png


決してニキビが無くなった訳ではありませんが

1週間経って次男坊の鼻は「いい感じ」になってました。

8日目

iphone/image-20131123231516.png

数えられる大きな赤みのあるニキビが4つ程あります。
開始3日目に真ん中にある2つニキビは1つありませんでした。

少し使用方法に疑問を感じニキビについて調べはじめます。

9日目

バタバタと忙しく次男坊就寝。
無理やり起こして写真を撮りました。

iphone/image-20131124235615.png

数日後ブログのアクセス解析を追っていたら
「寝顔白目」
という検索ワードで検索履歴がありgoogleで検索すると次男坊が載っていることが判明。
なんか次男坊に申し訳ない気持ちになるが放置する。

10日目

iphone/image-20131125235145.png

ニキビの原因を調べたところ
毛穴を詰まらせてはいけないということで

ルール変更
入浴後→炭酸ジェル塗布→一晩置いて→朝一写真
から
入浴後→炭酸ジェル塗布→10分後に流す→直後の写真

写真で確認できるニキビが6個に。


前半はニキビが消える訳ではないが凸感は少なくなる。
洗顔をしていなかった事は論外ですが
対ニキビで炭酸ジェルを使用して、一晩洗い流さない事は悪影響を及ぼす様に感じました。
ニキビ対策でZEROベースメイクジェルを使用する際は放置後、洗い流した方がいいようです。

最低でも5〜6分出来れば15分位放置が望ましいようです。
肌の状態はいい感じなので使用目的で使い方を変える工夫が必要です。



中盤戦に続く。
posted by 若旦那 at 12:34 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック